甘め物語集 ホワイトチョコレート

どちらかというと、デザイン上の資料として。物語付き。できるだけ甘い物語がいいけれど、どうなるか…。

クリスマス(玲×智)

f:id:hottoyuru:20170615230204j:plain

 

クリスマスのプレゼントというのは、頭を悩ます。

 

特にいい歳した男性用。売り場をめぐってもわからない。ネクタイがいいかな?と思っても、趣味が合わなかったら、なんだかかわいそうだし、他のもの、例えば文房具なんかも、どうしても無難、にはなる。

 

「わからん…」

 

頭を悩ます玲に、友人の智が、のほほんとした口調で言う。

 

「なんでもいいんじゃないの?」

 

「いや、なんでもいいっちゃいいんだけど、やっぱり喜んでもらいたいし…うーん」

 

智は(下着を脱いだらそれでいいんじゃ…)とうっすらと思ったが、言わないでおく。それは、それ。これは、これ。

 

「とりあえず、優さんの趣味はどんなのなの?」

 

智が聞くと、玲は食い入るように、物品を眺めながら言う。

 

「どんなって…わかるっちゃわかるけど、わからないっちゃわからない。一番喜ぶのはたぶん電化製品なんだけど…」

 

「電化製品…。それはちょっと微妙だね」

 

智は、遠くに見える、万年筆売り場を見て、私だったらアレを買うな、と思いつつも、玲の真剣な表情に、少し微笑む。

 

「うん。買ってもいいんだけど、プレゼント…としては、いいのか、どうか。欲しいのは自分で買いそうだし、けっこう高いし、あんまりプレゼント的ではないよね。実用的ではあるんだけど…」

 

「時計とかは?」

 

「趣味があるからなあ」

 

趣味の問題は大きい。気にしない人なら、それでいいが、優、の趣味がどんなのか、果たして意外と気にしているのかどうか、までは、まだ玲はきちんとはわかっていない。

 

「わからん。頭、痛くなってきた」

 

「なんでも嬉しいと思うけどねえ」

 

智は、茶化すように笑う。とりあえず、休憩することにして、エスカレーターの横のベンチにふたりで座り、玲は、ホットココア、智は、ホットコーヒーを買って、何口か飲む。智は、コーヒーを回しながら、玲に尋ねた。

 

「付き合って、何か月だっけ?」

 

「2か月。あんまり盛り上がってないよ…」

 

「盛り上がりたい?」

 

「そう、でも、ない。でもちょっと…」

 

情熱的な恋、というもの。あこがれるが、果たしてほんとうにいいものなのかどうか、疑念を抱くぐらいには、齢をとってしまっている。

 

「でも安心はするんでしょ」

 

「安心…。もっといろいろ見えれば、安心するんだけどね。安心というよりも、どちらかというと落ち着くって感じかなあ?」

 

「なら、それでいいんじゃない?」

 

智は、ゆったりと歩く親子連れの子供に目をやる。子供は、親に手をつながれて、無邪気に笑っている。

 

「あ…」

 

玲は、立ち上がり、売り場の隅に行ってかがみこんだ。

 

「何?」

 

智が横に行くと、玲は、手に取った箱の裏面を目をすがめて、読んでいた。

 

「ミニプラネタリウム?いいんじゃない?」

 

「いいのかなあ?邪魔にならない?」

 

不安そうな玲に、智は笑いながら、言った。

 

「優さんなら、大丈夫だよ」

 

 

 

その後、夜、智は玲からメールを一通もらった。

 

「一緒にプラネタリウムを見ました」

 

(そんなことだろうと思った)

 

智は、冷蔵庫を空けて、ビールを取り出し、頭をタオルでふいた後、一口飲む。幸せなメールは、酒のさかなに、いいものだ、と思いながら。