甘め物語集 ホワイトチョコレート

どちらかというと、デザイン上の資料として。物語付き。できるだけ甘い物語がいいけれど、どうなるか…。

四つ葉のクローバー(華×良)

f:id:hottoyuru:20170620235009j:plain

小さい頃、四つ葉のクローバーが好きだった。よく公園や、空き地で探した。なかなか見つからなくて、断念することも多かったけれど。

 

「どうしたの?」

 

「うーん、なんでもない」

 

歩きながら、華は歩道の横を細やかに見る。四つ葉のクローバー、四つ葉のクローバー、やっぱ、ないかなあ?

 

「なに、よそ見しているわけ?」

 

「ご、ごめん…」

 

華は、良の手をつなぎなおす。あたたかな手。華自身の手は冷えることが多いけれど。横を見ると、まぎれもなく男性が真横にいて、やっぱり女の子と違うなあ、と華は思ってしまう。

 

「なに、見てたわけ?」

 

さりげなく車道側を歩いてくれる良に、華は、しぶしぶ答える。

 

「えーっと、四つ葉のクローバー…を、探してました…」

 

華が言うと、良は、ちょっと驚いたように眉を上げた。

 

「そういうのに興味あったの?」

 

「あったというか…もともと、私、野生児だったというか…」

 

「野生児!」

 

良は、少しだけ笑い、華の手を握りなおす。少しひんやりとした手。その手が、しっかり温まるぐらいに、しばらく歩いてから、良は、提案する。

 

「一緒に探す?四つ葉のクローバー」

 

「ええ!?良ちゃん、そんなのに興味あったの?」

 

「そんなのって、俺をなんだと思っていたわけ…?」

 

「え、いや…」

 

華の目が泳ぎ、良は華の手を離して、かがみこんだ。道路沿いの空き地。クローバーが、たくさんの白い花を咲かせている。

 

「ほら。こことか。人がたくさん踏んでいるところの方が、四つ葉のクローバーは多いんだよ」

 

良が指さして言うと、華は、しゃがみこんで、感心する。

 

「へー、知らなかったあ。なんでなの…?」

 

「なんでって、まあ、説明しても…」

 

「?」

 

「遺伝子が傷つくから、奇形が生まれやすいっていうか…」

 

「ふーん」

 

華は生返事をしながら、クローバーの花をつつく。華の白いスカートのすそが、地面につきそうなぐらいに揺れる。良は、ちょっと横目で華を見てから、かがみこみの姿勢から、しゃがみこみの姿勢になって、真剣に四つ葉のクローバーを探し始める。華のかわいさには、言及しなかった。

 

「華は、そっちを探して」

 

「…はーい」

 

華は、ちょっと不満げな顔をする。たまに良は、偉そうだ。優しいけれど。

 

クローバーは、道路の脇や、空き地に、小さいものから、大きいものまで、広く分布していた。四つ葉のクローバーは、意外と小さい株にもあったりするので、小さなものも見逃せない。

 

見つけたのは、華だった。

 

「あった」

 

「どこ?」

 

「ここ、ここ。でも、ちょっと形が悪いねえ」

 

華は、道路脇のクローバーの葉を、そっと触る。良も、目で確認し、うなずく。

 

「ああ、そうだね」

 

「取っていいのかな?かわいそうかな?」

 

「そうだね…」

 

華は、じっと四つ葉のクローバーを見る。

 

幸運を呼ぶクローバー。もっと幸せになりたいと言ったら、よくばりだろうか。

 

「…見たからいいや。帰ろ」

 

ずっと四つ葉を探していて、固まった身体をほぐすため、華は立ち上がって、のびをする。5月の風は、少し暖かくて、やわらかい。雨上がりの青い空には、パンケーキみたいな雲が、ふんわりと浮かんでいる。